これからが旬の医療・福祉系資格のベスト3

admin   2015年11月30日   これからが旬の医療・福祉系資格のベスト3 はコメントを受け付けていません。

ハンディ背負う人々を精神的に支える

ソーシャルワーカー、ケースワーカーとも呼ばれる社会福祉士は、高齢者や心身に障害をもつ人々の相談に応じる福祉のカウンセラーです。1987年から国家資格になっています。高齢者社会に突入し、4人に1人は65歳以上となり、ニーズは急増しています。ひとり暮らしの老人か餓死といった哀しい事件がマスコミに頻繁に登場します。社会福祉士は、日常生活に不自由している高齢者や身体障碍者、またその家族からの相談にのり、アドバイスをしていく仕事です。

患者の後遺症をリハビリで治療する専門家

理学療法士の仕事は、身体に機能障害をもつ患者に対し、歩行練習やマッサージ、電気・温熱治療などの医学的リハビリテーションを行うものです。リハビリが必要な患者の数に比べて、専門職員の人数が圧倒的に不足しています。最近では病気や事故で障害を負った患者だけでなく、高齢者からのニーズが高まっているのです。基本的には医学分野にかかわる仕事なので、理数系に強い人にオススメです。専門職として認められ、非常勤でも高収入が得られます。

手作業を通して患者の社会復帰を促す仕事

作業療法士の仕事は、園芸、陶芸、音楽、手芸、絵画などの手作業や文化活動を通じて、障害者の社会的適応力を回復させる専門家です。この資格を持っている人の就職率はほぼ100パーセントです。障害者は、身体の不自由さからつい自分の殻に閉じこもりがちです。作業療法士は時には彼らの良き相談相手となり、社会生活そのものに興味を持てるように指導していきます。芸術家、教師、保母、デザイナーといった職業から、この世界に転職している人もおります。

基本情報技術者の試験は過去問の内容が繰り返し出題されています。過去問演習だけで合格ラインの6割はクリアできます。難しい場合はITパスポート試験からはじめると良いでしょう。