ファイナンシャルプランナーとは?勉強方法は?活躍の場は?

admin   2015年11月30日   ファイナンシャルプランナーとは?勉強方法は?活躍の場は? はコメントを受け付けていません。

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは、個人の財政的な生涯設計をサポートするスペシャリストの事を言います。ファイナンスには、金融・財務・財政等の意味があり、その計画(プランニング)を主に個人の顧客にアドバイスするのがお仕事になります。ファイナンシャルプランナーは、お客様の収入や借入、家族構成や資産状況などをコンサルタントした上で、教育資金や住宅購入、ローン返済、老後までを視野に入れライフプランを立て提案するので専門知識が必要になります。

ファイナンシャルプランナーになるための勉強方法?

ファイナンシャルプランナーになるには、資格試験を受験し資格を取得する事が必要になります。ファイナンシャルプランナーの資格は3級と2級と1級ありますが、実務経験がなくても、3級資格を持っていなくても受験できます。勉強方法としては専門知識が必要になるので専門の学校に通う方法と、通信教育で勉強する方法があります。検定では「資産計画提案業務」と言う括りの中で出題されるので問題演習を繰り返しする事が必要ですし、専門用語を覚える事も必要になります。

ファイナンシャルプランナーの活躍の場は?

ファイナンシャルプランナーの資格があると金融企業での自己PRとして大きな武器になります。銀行や保険、証券会社などで働く事ができます。金融や不動産業界では社員として働く「企業系ファイナンシャルプランナー」として活躍ができます。また、独立開業して個人の財政面のサポートとして「独立系ファイナンシャルプランナー」としても活躍ができます。今後は個人ファイナンスの生涯設計のニーズも広がるので資格を持っていると定年後でも働きやすいです。

cfpはファイナンシャルプランナーの上級者資格として信頼度が高く、海外では金融のプロフェッショナルとして認定されています。