ゲームを学ぶために専門学校へ行くのはありか?

admin   2015年11月30日   ゲームを学ぶために専門学校へ行くのはありか? はコメントを受け付けていません。

ゲーム市場は新たな転換期に

一昔前まではテレビゲームが人気でしたよね。そのため、テレビでもコマーシャルが頻繁に放映されていました。しかし、現在は売り上げが落ちているようでかつてほどの人気がありません。ところがゲーム市場全体で見た場合、スマホやタブレットを使って遊ぶゲームが盛んになってきました。これまでゲームをしてこなかったライト層をうまく取り込んでいるため、人気が出ています。今後もこの需要は拡大が予想されるため、ゲームについて専門学校で学ぶことは有益であると言えるでしょう。

自分のやりたいゲームジャンルが決まっていなくても

とはいえ、ゲーム市場は変化しているということは、今後もこれが続くか不安になる方もいるかもしれません。しかし、ゲームジャンルが変わっても、ゲーム制作に求められる技術的なことは共通です。シナリオ制作にしろ企画にしろプログラミングにしろ、どのゲームを作って行くのに必要な能力です。そのため、今後いかに市場構造が変化し、流行りのジャンルが変化したとしても、能力さえあれば対応することができます。したがって、悩んでいる方も積極的にゲームを学んでおくと良いでしょう。

ゲームの製作技術は他分野にも使える

また、ゲームを作る技術はゲームに限らず、他分野にも応用が利きます。例えばプログラミングを組む技術は、IT分野においても生かすことができます。そして、ゲームの企画は他の商品の企画に関しても能力を発揮できます。このように、ゲームの専門学校で学ぶ知識のほとんどは、ゲーム以外の分野にも生かすことができるのです。そのため、今後もこの業界に興味を持っているのか心配であっても、学んだことは他分野で生かすことができるので、今興味のあるゲームを学んでおくことは良いことであると言えるでしょう。

ゲームの専門学校へ通うと、例えば技術的なことだけではなく、業界に関係する人との人脈なども得られるといえます。